リーチサイト規制で無料アダルト動画エログはどうなるの?

2020年10月に改正著作権法が施行され、リーチサイトが違法になりました。

これらがエログ業界に与えていく影響をちょっと考えてみようと思います。

リーチサイトって何?

リーチサイトとは違法にアップロードされた海賊版サイトにリンクを貼って、アクセスしやすくして著作権を侵害するサイトの事を言います。

いわゆるpornhubやTUBE8などにリンクを貼ったり動画を埋め込みをしている無料動画系のエログはリーチサイトに該当します。また動画エロタレストに登録されているサイトなんかはすべてリーチサイトです。

リーチサイトの罰則

ではリーチサイトに該当する無料アダルトエログを運営したらどのような罰則があるでしょうか?

民事 掲載されたリンクの削除請求に損害請求

刑事 500万以下の罰金もしくは5年以下の懲役刑又はその併科

とかなり厳しい刑罰がかされます。なぜなら執行猶予がつかないからです。

執行猶予の条件とは前科のない人間が『3年以下の懲役または禁固、または50万以下の罰金刑』の刑のときに言い渡されるもので、今回の法改正での罰則ですと執行猶予はつかずに罰金か実刑となります。

リーチサイト規制は親告罪

ここで一つこの刑罰について注目してほしいことがあります。それはリーチサイト規制は親告罪であるということです。

つまり、権利ホルダー側の被害届や刑事告訴があって初めて警察による捜査が行われるということです。

どんなサイトがリーチサイト規制法違反で告訴されるの?

当然ながら権利侵害の程度が激しいモノから狙われていくと予想されます。

具体的にはサイト運営者が違法に動画をアップロードしてるのが丸わかりのサイトです。

そんなサイト、エロタレストにいっぱいありますよね。

それとワンクリック、4クリック広告が掲載されているサイトでしょう。これもアダルト動画のイメージを下げるので権利者に狙われていくと思われます。

リーチサイト法違反で訴えられたらどうなるの?

よほど悪質でない限り、いきなり刑事告訴されることはあまりないと予想されます。

まず権利者側から連絡がきて、リンクの削除やサイトの閉鎖を求められ、刑事告訴をちらつかせた示談になると考えられます。

大半のひとは民事賠償だけで終わるでしょう

しかし、悪質すぎる場合や示談を蹴った場合は刑事告訴になります。

もしこうなった場合は貴方の家に警察が捜査令状をもって押し寄せてき、家宅捜索しパソコンなどを押収し逮捕して取り調べになるでしょう。

無料動画エログの運営はやめたほうがいいか?

やめたほうがいいです、結論から言うと。貴方が権利ホルダーと特別な結びつきがない限りリスクがあまりにも高まりました。

もし今エロタレストに登録してエログをやっていても、そんなに稼ぎにはならなでしょうし、たとえ稼いだとこで訴えられて、損害賠償請求されればその稼ぎなすべてパーどころか、マイナスになることは間違いないです。

今後無料動画エログはどうなるの?

逮捕上等でお構いなしに運営する向こう見ずな人と、権利ホルダーと結びついて動画の提供を受けている人だけがエログをやり、普通の人が運営するエログは徐々に減っていくと予想されます。

 

コメント